×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コーヒーのダイエット効果

ダイエットをしようと様々な努力をしているにもかかわらず、なかなか効果のあらわれない人がいます。
それは「痩せにくい体質」に理由があるようです。
痩せにくい体質の人は体脂肪を燃やす体の働きが衰えている状態です。
コーヒーダイエットのカフェインは基礎代謝を上昇させ、さらにコーヒーに含まれるクロロゲン酸が褐色脂肪細胞にアタックして脂肪の燃焼効率をアップさせます。
それにより痩せやすい体へと導いてくれることが期待されます。
驚くことにコーヒーのカフェインの働きはそれだけにとどまりません。
体の中の脂肪細胞には体脂肪が蓄えられています。
それを分解するには、リバーゼという酵素の働きが必要です。
しかし人間は長い間飢餓に苦しめられてきたために少々のことではため込んだ脂肪を手放さないしくみが備わっています。
それが体脂肪の分解を妨げる働きをするPD酵素です。
これが分泌されるとリバーゼの働きが抑えられてしまい、脂肪の分解がうまくいかなくなるのです。
カフェインにはこのPD酵素を抑える働きがあることがわかっています。
そのためカフェインをとると体脂肪の分解が効率よく進み、その燃焼もスムーズになって早く痩せることができるというわけです。
コーヒーダイエットにはさらに効能があります。
それはいい香りの元である「ピラジン」が脳の働きを良くしたり、血液の循環をよくしてくれるといわれています。
このようにコーヒーダイエットには私たちが考えている以上に様々な効果あるようです。

コーヒーダイエットの方法

コーヒーダイエットの方法どんなものなのでしょうか。
はじめにコーヒー豆を選ぶときは浅炒りのものが良いでしょう。
飲むときは砂糖を入れるのは厳禁です。
ブラックで無理ならミルクのみを入れて飲みましょう。
また普段は食前にコーヒーを飲むように習慣付けましょう。
入浴や運動前に飲むのも効果的です。
3〜4時間程度でカフェインは消えてしまうので、続けて飲むことが大切です。
コーヒーダイエットでは1日4〜5杯は飲むようにします。
アイスで飲むと腸の働きが低下してしまいますので、必ずホッとで飲むようにしましょう。
ただコーヒーを飲むだけではなく、食事のカロリーを抑えたり、マッサージをしたりすることがコーヒーダイエットの成功につながります。
マッサージを自分でするときに使えるコーヒーカスのマッサージ液の作り方を紹介します。
まずコーヒーのカスを布やストッキングに包み、お湯を張った洗面器の中に入れます。
そこから出たエキス入りのお湯がマッサージ液になるわけです。
出来上がったコーヒー液をマッサージオイルの代わりにして体に塗りながら気になる部分を、マッサージします。
お風呂で行えばコーヒーの液で服が汚れる心配もありません。
コーヒーダイエットと有酸素運動の組み合わせもとても効果があります。
疲れすぎないストレッチ運動など、適度な運動量が脂肪の燃焼を促します。
自宅でできる簡単なストレッチをちょっとした空き時間に行うとよいでしょう。
座ったまま上体をひねったり、首を動かしたりするだけでもよいので続けることが大切です。
簡単な運動と食事療法、そしてコーヒーの摂取でコーヒーダイエットを短期間で成功させたいものです。

コーヒーダイエットレシピ

コーヒーダイエットレシピをご紹介します。
コーヒーを毎日飲んでいるとだんだん味に飽きてきてしまうこともあるでしょう。
そんなときはちょっと目先を変えてコーヒーをとりましょう。
ひとつは豆乳入りの豆乳コーヒーです。作りかたは簡単です。
コーヒーダイエットはブラックでなければ駄目と思いがちですが、豆乳なら大丈夫です。
まずはいつもどおりコーヒーをいれておきます。
次にコーヒーが冷めないように豆乳を少し温めてから、コーヒーにそそいでできあがりです。
豆乳に含まれる鉄分の量は牛乳の約10倍といわれています。
またビタミンB1、B2、B6が豊富であるばかりでなく、肌の健康を保つビタミンEもたっぷりです。
また大豆イソフラボンにはコレステロールの低下や肥満防止を高める効果がありますので、コーヒーと豆乳の組み合わせはコーヒーダイエットに効果的でしょう。
寒天をコーヒーに加えてコーヒーゼリーを作って食べるのもよいでしょう。
コーヒーが余ったときなどはおすすめです。ゼリーに甘いミルクをかけてしまったらダイエットには向かないので豆乳をかけるとよいでしょう。
食物繊維が豊富で、糖尿病や高血圧。高コレステロールなでに効果のある寒天はダイエットにとても向いている食品です。
是非取り入れていきたいものです。
コーヒーゼリにすると暑い夏でも口あたりがよく、食べやすいのでホットコーヒーを飲みたくないときなどにはお勧めです。
コーヒーに飽きたらこのように少しレシピを工夫して毎日の食生活に取り入れるようにすると良いかもしれません。

Copyright © 2007 コーヒーダイエットをやってみよう!